中文 (中国) 日本語
28.5 C
Tokyo
金曜日, 7月 19, 2024
中文 (中国) 日本語
  早いもので、もう11月。今年も残すところ、ふた月足らず。年をとったせいか、年々、時の流れが速くなるように感じる。   さて、すっかり新米の季節である。   日本の米の生産量は、およそ861万トン。都道府県別の生産量で第1位は新潟...

銭 慧峰

spot_img

探る

『夜半の鐘声』担当編集者からのコメント

『夜半の鐘声』は芹川氏の自伝的小説。だが、ノンフィクションではなく、著者の想像の翼が広げられ、より高く、より遠くへと大きくはばたいた作品。その根底に流れているのは「愛と平和」である。

第一部 寒山篇 – 夜半の鐘声

第二部 拾得篇 追記 第一部 寒山篇 – 夜半の鐘声(自伝小説)

隠元豆の秘話

第一話 日曜の朝、小鳥のさえずりが聞こえている。 翔くん麗ちゃんは仲の良い兄妹だ。朝ご飯の後、おしゃべりをしている。 「インゲン豆って、どうしてこんなにおいしいんだろうね?」 「お母さんがお料理上手だからでしょ」 「麗ちゃん、インゲ...

夜半の鐘声-追記

芹川氏は『夜半の鐘声』の構想を長年温めてきた。前述した三十七年前の新聞記事の中でもすでに、自分をモデルにした反戦劇の脚本を書きたいと述べていた。

『愛はどこから』担当編集者からのコメント

人生はまた、岐路の連続でもある。しかも選んだ道を進むことしかできない。本書に収録された三篇の作品は、人生を歩むうえで悩んだり迷ったりする心を払拭してくれるかもしれない。
- Advertisement -

Must Read

- Advertisement -

映画のシナリオ
Latest

貴妃酔清酒—琥珀と水晶

文化庁に著作権登録をしております(登録番号:第37843号の1)転載等、本脚本をご利用されたい方はこちらまでご連絡下さい(映画シナリオ)   映画脚本のあらすじ    原案 増田維忠   物語の概要:...

師 恩

(映画シナリオ) 主な登場人物 魯迅(周樹人・字豫才) 官費日本留学生 秋瑾(女) 魯迅の日本留学時の紹興の同郷 許寿裳 魯迅の日本留学時の親友 孫文(孫中山・字逸仙) 日本を訪れた民主...

愛はどこから――隠元禅師の日本渡来秘話

(映画シナリオ) 2016年早春 第三稿    プロローグ   一六七三年四月三日。   京都、宇治地方の太和山。草木は青々と茂り、春も盛りを迎えている。山麓に広々と開けたなだらかな傾斜地に、中国明代特有の雅な趣の“万福寺”が緑陰の...

貴妃酔清酒—琥珀と水晶

文化庁に著作権登録をしております(登録番号:第37843号の1)転載等、本脚本をご利用されたい方はこちらまでご連絡下さい(映画シナリオ)   映画脚本のあらすじ    原案 増田維忠   物語の概要:   天宝15年(西暦756年)農暦6月...

仙人掌礼賛(散文詩)

楓橋夜泊

- Advertisement -
在日本嵊州同乡的荟聚窗口 日本绍兴同乡会 毎日の仏の名言 东京遇见 - 东遇网
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.