中文 (中国) 日本語
24 C
Tokyo
日曜日, 5月 19, 2024
中文 (中国) 日本語

芹川 維忠

Must read

  芹川維忠(せりかわ これただ)1944年の冬、中国蘇州市に生まれる。父親は旧日本陸軍の少将で、戦後本国に送還された。その後、母子は上海を経て紹興に移り住み、苦しい生活を送った。苦しみを味わい尽くした末に幸せが訪れた。浙江省文化庁の文芸創作活動の陶冶を経て、映画理論家・劇作家柯霊氏に師事し、舞台劇や映画脚本を創作した。日中国交正常化の後、祖国日本への帰国を果たし、日本国籍を取得し、「自由文化人」として今日まで活躍を続けている。著書に長編小説『愛はどこから』、『夜半の鐘声』などがある。高齢に達した今も、全力で文化活動を続けている。

 

仙台博物館の中庭で魯迅像と写の真
仙台博物館の中庭で魯迅像と写の真

劇作家の柯霊氏との写真
劇作家の柯霊氏との写真

写真

毎日新聞報道
毎日新聞報道



前の記事
次の記事
- Advertisement -

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest article

在日本嵊州同乡的荟聚窗口 日本绍兴同乡会
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.