中文 (中国) 日本語
15.4 C
Tokyo
日曜日, 12月 3, 2023
中文 (中国) 日本語

鉄道風景(20) 雪国の風物詩「連結器カバー」

Must read

  1月5日の朝、信越本線・長岡駅で普通列車が出発を待っていた。関東で5センチの積雪となると「大雪」といわれ、列車の運行に支障が出る。だが、雪国を走る列車は10センチ程度の積雪なら難なく走る。雪の日の走り方を経験している運転士の努力もあるだろうし、また、線路を守る人たちの苦労があってのことで、頭が下がる思いだ。

  写真で注目してほしいのは連結器にかぶせられたグレーのカバーである。ローカル線の常として、乗客の多い時間帯は、たとえば、3両編成の電車を2本連結させて6両編成として運行されるが、そうではないと、3両編成だけで運行されるケースもある。

  その場合に、列車同士をつなぐのが連結器だが、その内部に雪が入り込むと連結できなくなることもある。それを防ぐために、連結器にカバーをかけているのだ。雪国の列車ならではの風物詩ともいえるだろう。

  さて、この日の新潟の天気は雪、雪、雪。沿線の家の屋根にも、道路にも、田んぼや畑にも、真っ白な雪が積もっていた。

  だが、ふりしきる雪をものともせず、列車は力走し、目的地の駅には定刻で到着。「おみごと」である。

- Advertisement -

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest article

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.