中文 (中国) 日本語
25.8 C
Tokyo
土曜日, 4月 20, 2024
中文 (中国) 日本語

投我以桃,報之以李

Must read

投我以桃,報之以李
(人から桃を贈られたら、李でお返しせよ)

『詩経・大雅・抑』より———

  「賢明な行いは徳であるからよく励め、立ち居振る舞いを慎んで礼儀正しくせよ。
  分をわきまえ、人を傷つけず、規則を守れ。人から桃を贈られたら、李でお返しせよ」

  詩の意味:
  「規範通りに徳を積み、善良であれ。つつましく振舞い、少しでも礼に背くことがないように。法を犯さず他人を傷つけなければ、模範になることも難しくない。それはちょうど私に桃を贈れば、当然李をお返しするのと同じだ。」

  この「桃の返礼に李を贈る」という故事は、説得力のある倫理観で「善い行いには良い報いがある」という現実的意義を説いている。

  日中交流の長い歴史の流れの中にも、徐福が始皇帝のために不死の薬を求めて日本に渡った話や、仏法を広めるために日本に渡った鑑真和尚、京都で美しい詩文を書いた隠元禅師が存在し、また、災難に遭った楊貴妃を救った日本の本の遣唐使もいた。そして、江戸時代の貴族は、明末の偉大な学者朱舜水の儒学講座を強く支持し、後世に限りない利益をもたらした。

  歴史から学び、互いに啓発し合って、平和的に親しく交わるなら、多くの人々の期待に応えることができる!

(編集者:秦川)

- Advertisement -

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest article

在日本嵊州同乡的荟聚窗口 日本绍兴同乡会
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.