中文 (中国) 日本語
16.6 C
Tokyo
月曜日, 5月 20, 2024
中文 (中国) 日本語

つれづれなるままに(4) 越後平野

Must read

  所用で新潟を訪れた。上越新幹線の長岡駅で信越本線の普通列車に乗り換えて、ちょっとしたローカル線の旅を楽しむ。田植えが終わった越後平野の水田が車窓に広がり、長閑な風景を楽しめた。

  越後平野は、本州の日本海側の平野としては最大の面積を誇り、およそ2000平方キロメートルもある。これは東京都の面積に近いそうだ。

  「新潟平野」と呼ばれることもあるが、一面の田んぼを目にすると、やはり「越後平野」といったほうが似合うように思える。越後平野はまた「蒲原平野」と呼ばれることもあり、新潟県立三条高校や新潟県立新津高校の校歌で「蒲原」の地名が歌詞にある。おそらくほかの学校の校歌にも登場していることだろう。

  梅雨の時期とあって、この日はすっきりしない空模様だったが、夏を迎え、真っ青な空、白い雲をバックに緑色の稲穂が広がる光景を想像すると、日本は瑞穂の国だなぁと思えたひとときだった。

- Advertisement -

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest article

在日本嵊州同乡的荟聚窗口 日本绍兴同乡会
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.